Statement

自分にとって作品とは、自分をより多くの人に認めさせる手段であり、それが全ての作品に関係してくるテーマである。故に、アートの知識が無くとも、観る者を楽しませ、圧倒し、感覚を揺さぶれる作品であることを常に考えている。